男の人

地盤調査を行なうことが大切|地震の揺れにも対応する

地盤の強度が重要

レディ

造成宅地に住宅を建てる

最近の住宅は、大きな池を埋め立てて造成した土地に建てられたり、山を切り開いてつくられた住宅地に建てられたりしますので、地盤の強度が心配です。昔は、建てやすい土地に住宅を建てていましたので、結果として地盤の強い平地に住宅は建てられていました。山を崩して造成された土地であれば地盤の強度は心配ありませんが、埋立地の場合には、どうしても地盤が軟弱の場合が多くなります。また、山を造成した場合でも、全ての土地が山を削ってできた土地とは限りません。場所によっては埋立地になっている可能性もあるのです。そのため、住宅建築を行う場合には、必ず地盤調査を行うことが大切です。地盤の弱いところに建てられた住宅は地盤沈下に伴ってひずみが生じる可能性があります。

調査結果を検討する

近年では地盤調査は必須になっており、多くの住宅では地盤補強が行われています。特に非木造住宅のように住宅の躯体が重たい場合には、沈下する恐れがありますので、地盤補強が必須とも言えます。地盤調査の結果を持って地盤補強の必要性を検討することになりますが、日本の場合には、多少でも地盤沈下の恐れがあれば地盤改良を行う傾向にあります。地盤調査を行うところと地盤補強工事を行うところが一緒の業者である場合も多いため、不要の工事が行われているというケースもあります。地盤補強は費用がかかるだけでなく、土地の価値を下げてしまいますので、地盤調査の結果を十分に検討したうえで、適切な地盤補強工事を行うようにしなければなりません。

一軒家を建てる前に

地盤改良

地質調査を行うことで、その地盤の強度がわかることは、一戸建てを建てる際に重要なことです。地震に耐え、沈んだり崩れたりすることなく安心して長く暮らせることは家族みんなの幸せにつながります。将来における安心や安全のために必要なことです。

詳細

建築時の特殊工事

重機

家などの建築物を建てる時に必要な平板載荷試験とは、測定する地盤に機材を設置し、その上に荷重をかけて沈下させ、地盤の支持力を測定する方法です。平板載荷試験は現場にある重機などを使って調べることもできますが、もし試験を行えるスペースが無い場合は、「キャスポル」で簡易的に測定することも可能です。

詳細

井戸活用で災害対策

井戸

災害発生時に生活用水を使う事が出来るよう、井戸工事を行いましょう。井戸があれば、万が一大規模な停電が発生してしまった場合にも生活用水を使い続ける事ができます。降雪時には消雪パイプなどとしても活用でき、実用性があると言えるでしょう。

詳細